次回、ロト7第227回の抽選日は8月25日(金)です!

ロト7をネットで購入だ!

ロト7のインターネット購入方法を解説しています。現在、5行の銀行がネットバンキングでロト7を取り扱っています。

ロト7のインターネット販売が開始されました!

スポンサーリンク

これにより忙しくて時間がない方でも、パソコンやスマートフォンからいつでもロト7を買うことができます。 インターネット販売を行っている銀行は全部で5行となっており、当然ですがロト7のネット購入を行う場合は該当銀行のネットバンキング口座を持っている必要があります。 みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行はインターネット上で口座申し込みもできますが、全国に店舗があるため最寄の店舗へ行っても、ネットバンキング口座を作ることもできます。

一方、ジャパンネット銀行、楽天銀行は実店舗を持たない銀行のためインターネット申込によってのみ口座開設が可能です。

おすすめのネットバンキング口座

ロト7の購入にあたりオススメの銀行口座があったりするかというと、~銀行の口座だと当たりやすい等はないため特にオススメ口座があったりはしません。 ロト7の取り扱い5行の中に普段利用している銀行があるなら、そこのネットバンキング口座を開設して購入するのが利便性の面では良いのではないでしょうか。
もし、生活費とロト7購入に使うお金を分けたい場合は、新たに銀行口座を開設しましょう。

普段から楽天市場を利用している方ならば、さまざまなお得なキャンペーンを行う楽天グループの楽天銀行がオススメです。
そして、楽天銀行ならば、ロト7購入時に楽天スーパーポイントが貰え、そして楽天市場で貯めた楽天ポイントでロト7を購入することもできます。

ロト7のネット購入のメリット

1 24時間いつでもどこでもスマホ・PCからロト7を購入可能!
2 ロト7に当選したら自動的に銀行口座へ振込!
3 毎週の自動購入設定で買い忘れがなくなる!
4 楽天銀行なら楽天スーパーポイントが貰える!

ロト7のインターネット購入について

2013年4月時点でロト7を含むロト系のインターネット販売はまだ行われておらず、全国の『宝くじ売り場』でのみ購入が可能となっています。 ただ、ライバル宝くじのtotoBIG(トトビッグ)は、toto売り場の他にも、インターネット購入、toto取り扱いコンビニでも買うことができます。

totoBIGは、文部科学省の指導監督下において、独立行政法人日本スポーツ振興センターによって運営・販売がされています。totoBIGの目的もスポーツ環境の整備や、国際的スポーツ活動の支援、指導者の養成などに必要な財源の確保です。
一方、ロト7をはじめとするロト系の運営は、『全国都道府県』、『政令指定都市』が販売元となっており、受託販売は『みずほ銀行』です。
スポーツのために資金を調達する必要がある母体と、お堅い母体の差がそのままネット購買の可否に繋がっている気がします。

インターネット社会が進むにつれ、ロト7をはじめとするロト6等もネットで買える時代はすぐそこまで来ていると考えています。インターネット購入が可能になったら、すぐお知らせします!

スポンサーリンク